農産物加工施設

農業の6次産業化をめざし平成25年3月に建設竣工をしました。(施設面積150m2
「農家はつくるだけ」の農業から農家自らが農産物を「生産して・製造して・販売する」農業の6次産業化に取り組みを開始しています。
これまでの「捨てる・腐らせる」農業生産から脱皮して、規格外で流通に乗らず販売ができなかった農産物を、季節感や健康・栄養機能のある農産物として付加価値を見いだして販売することにより、農家所得を補填する仕組みを作り、農業の切り札として年間30種類・5万本の製品化を進めています。りんご・ぶどう・桃・梨・ブルーベリー・苺・梅・柑橘類等の果実を中心にトマト・人参・カボチャ等の野菜ものジュース類・ジャム瓶詰類を製造しています。
これまで考えの付かなかった商品開発もしており、県内外からの視察者が多くなっています。
製品は農家のプライベート商品として道の駅などで販売しており、宅配発送もできます。
委託製造は、地域外農家や消費者からも受託しており、道の駅「今井恵みの里」への申込で製造ができます。すべて手作りで、自家用の少量単位でも受け付けています。
「農家が農業で生活できる」仕組みづくりの一翼を担う施設として位置づけています。

連絡先:
株式会社 今井恵みの里
農産物加工施設
TEL:0263-88-8043


IMG_8953_sIMG_8947_sIMG_8930_sIMG_8965_s


IMG_9000_mIMG_9065_m